執刀する医師|透明感のある肌を手に入れる|シミ治療と術後のケア

透明感のある肌を手に入れる|シミ治療と術後のケア

女性

執刀する医師

ボディ

医師との意思疎通

美容整形で豊胸術を行うには、まずは医師とのコミュニケーションをとることが大切です。なぜならば、利用者と医師では思い描く理想的なバストの形が異なっていることが少なくありません。もしも、全面的に医師の判断に任せておくと、医師は満足した結果だとしても利用者が不服に思うこともあります。そのお互いの価値観の違いを埋めるためにもコミュニケーションが重要となるわけです。バストの大きさだけではなく、形や柔らかさなども重要なポイントとなっています。一口でバストアップといっても利用者には多くのこだわりがあるものです。それを恥ずかしがらずにきちんと医師に伝えることで、豊胸術で理想的なバストアップをすることができます。

医師選びは実績

豊胸術において医師とのコミュニケーションは最重要ですが、仮に全て意思疎通できたからといってもその医師が技術が足りなければ意味がありません。そのため、医師選びにも注意を払う必要があります。では、どのような医師が良いのでしょうか。よく勘違いされるのが高齢の医師がそのまま実績のように感じてしまうことです。美容整形では診療科を転向して美容整形外科に入った医師は少なくありません。そのため、高齢であっても経験が少ないケースもあります。重要なのは何年間美容整形の現場で働いてきたかであり、そこを重視するようにすれば経験豊富な医師にたどり着けられるはずです。さらに言えば、豊胸術の執刀数なども参考にすることもできます。